企業情報
システム開発部門>「道路橋示方書・同解説 V 耐震設計編」の基準対応について

基準対応のお知らせ

道路橋示方書・同解説 V  耐震設計編」の基準対応について
「道路橋示方書・同解説 V  耐震設計編 社団法人 日本道路協会」の改定(平成24年3月)に対応したバージョンの商品のリリースを開始しました。
対象商品と、主な対応内容は以下の通りです。なお、全ての商品において適用基準の選択が行えるようになっていますので、旧基準での検討は今まで通り行えます。
これらの対応は平成24年版の道路橋示方書の改訂に対して行っているものです。平成24年版の「河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説」が資料として適用としているのは平成14年版になりますのでご注意ください。
 

商品名

バージョンアップ内容

樋門門柱部の設計[耐震照査対応版] 鉄筋種類の追加(SD390,SD490)
固有周期に対する設計水平震度の標準値の変更に対応
地域別補正係数Czの変更に対応
耐震性能2および耐震性能3に対する保有水平耐力法の検討の変更に対応 ※1
コンクリートの応力度-ひずみ曲線の変更および許容引張ひずみを考慮したMuの算出に対応
樋門縦方向の設計[耐震照査対応版] 鉄筋種類の追加(SD390,SD490)
固有周期に対する標準加速度応答スペクトルの変更に対応 ※2
地域別補正係数Czの変更に対応 ※2
樋門胸壁の設計[耐震照査対応版] 鉄筋種類の追加(SD390,SD490)
固有周期に対する標準加速度応答スペクトルの変更に対応
地盤面における設計水平震度の標準値の変更に対応
地域別補正係数Czの変更に対応
樋門翼壁の設計[耐震照査対応版] 鉄筋種類の追加(SD390,SD490)
固有周期に対する標準加速度応答スペクトルの変更に対応
地盤面における設計水平震度の標準値の変更に対応
地域別補正係数Czの変更に対応
水門・堰の耐震設計 鉄筋種類の追加(SD390,SD490)
固有周期に対する設計水平震度の標準値の変更に対応
地盤面における設計水平震度の標準値の変更に対応
地域別補正係数Czの変更に対応
耐震性能2および耐震性能3に対する保有水平耐力法の検討の変更に対応 ※1
コンクリートの応力度-ひずみ曲線の変更および 許容引張ひずみを考慮したMuの算出に対応
 
※1 「河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説」において、道示Ⅴに準拠している内容のみ対応
※2 水平方向の検討において、応答変位による地震時土圧を考慮する場合
 
 

商品名

バージョンアップ内容


マンホール接続部の耐震設計
管渠継手部の耐震設計
管本体の耐震設計
圧送管の耐震設計
場所打ちマンホールの耐震設計
組立式マンホールの耐震設計
場所打ちボックスの耐震設計
PCボックスの耐震設計

 
液状化の判定に用いる地盤面の設計水平震度の標準値の変更に対応
地域別補正係数Czの変更に対応
土質定数の低減係数DEの変更に対応
地盤定数の算出 液状化の判定に用いる地盤面の設計水平震度の標準値の変更に対応
地域別補正係数Czの変更に対応
土質定数の低減係数DEの変更に対応
 
 
◆バージョンアップについて
今回のバージョンアップでは入力インターフェイスが大幅に変更されており、解説書が変更されています。また、商品ファイル以外にも必要なファイルの更新や追加が行われていますので、バージョンアップ申込みにおいて、最新版CDをご申込みをください。(サポート契約に加入されているお客様に限ります)サポート契約を解約されているお客様は、サポート契約の更新を行なってください。
(必要ファイルのみをダウンロードする事も可能ですが、解説書については最新版CDでの提供のみとなります)