企業情報
システム開発部門COSMOシリーズ>C4-005 RC橋脚の設計【保耐法】(PIER-II)
 
サポート契約について 商品購入 体験版申し込み お問合せ

COSMOシリーズ


  構造計算システム(橋梁下部) 商品番号 C4-005
  RC橋脚の設計【保耐法】(PIER-II)
  価格 \150,000(税抜)

商品概要

 

●プログラム概要

・鉄筋コンクリート橋脚の地震時保有水平耐力の設計に適応できます。
・最大10基までの同時計算処理ができます。(単独計算も可能)
・橋脚形状は、張出し式橋脚・柱式橋脚・壁式橋脚の設計に適応でき、柱形状は、短形・円形・小判形に適応できます。(梁の掛け違いも可能)
・結果画面を参照しながら橋軸方向、橋軸直角方向の等価水平震度の一括変更と地震時保有水平耐力の同時判定が確認できます。
・最大5個の任意荷重が設定できます。
・弊社商品「PIER-Ⅰ」とデータ連動できます。

●適用基準

・道路橋示方書・同解説「IV下部構造編」平成14年3月に準拠しています。

 

詳細解説

 
1)プログラム概要
 張出し式橋脚、壁式橋脚の設計に適応され直接基礎の設計ができます。設計計算は橋軸方向、橋軸直角方向の同時計算処理が可能で、タイプⅠ・タイプⅡの一連計算を行います。レベル2地震動に対して地震時保有水平耐力の照査を行うためのプログラムです。
2)プログラムの機能と特徴
 
■検討項目
・橋脚区分(張出式橋脚・壁式橋脚)
・基礎形式(直接基礎)
・検討ケース(橋軸方向・橋軸直角方向・タイプⅠ地震動・タイプⅡ地震動)
■ソフトウェアの特徴
・柱の保耐計算、底版の保耐計算ができます。
・出力書類が充実しています。(電卓で追える書式になっています。)
■主な変更点(Ver3.00.001→Ver4.00.000)
3)インターフェースなど
□入力画面(画像をクリックすると拡大表示できます)
横拘束筋データ

・コンクリートの応力度-ひずみ曲線の断面補正係数αを入力します。
・横拘束筋は、柱基部から上方に最大4区間まで設定ができます。
・横拘束筋は「両端鋭角」、「片側直角」のフック形状による割り増し係数が設定できます。
 
 
■せん断耐力算定データ

・帯鉄筋は橋軸方向、橋軸直角方向それぞれの間隔・断面積を設定します。
・せん断耐力算定用の有効長は、自動計算・直接入力のいずれかで設定します。
・軸方向鉄筋は、1段配筋・2断配筋が可能です。
・M-φ曲線を直接入力する場合は橋軸方向、橋軸直角方向のせん断耐力を設定する必要があります。
 
■計算結果

・計算結果を処理すると、「柱の計算結果」、「底版の計算結果」を確認することができます。
 
 
 
 
 
 

 

ダウンロード

出力例ダウンロード
※出力例のダウンロードを行っていましたが、諸般の事情により出力例のダウンロードを停止させていただきました。
 
 
最新バージョン情報
当商品のバージョン情報はこちらです
 
正規版ダウンロード
当商品のダウンロードはこちらから行えます
※正規版のダウンロードが行えるのは、サポート契約に御加入されているお客様に限らせて頂きます
 
体験版ダウンロード
※体験版のダウンロードを行っていましたが、諸般の事情により体験版のダウンロードを停止させていただきました。体験版を希望されるお客様は、ここをクリックしてください。
※但し体験版はデータの保存と出力ができない仕組みになっていますので予めご了承ください。
 
 

 

Q&A

 
COSMOシリーズの全般的なQ&Aはこちらを御覧下さい。
 
Q1.コネクタ(プロテクタ)に関する質問
A1 コネクタ(プロテクタ)に関するQ&Aはこちらを御覧下さい