企業情報
システム開発部門COSMOシリーズ>C1-003 一連ボックスの設計(CULVERT-I)
 
サポート契約について 商品購入 体験版申し込み お問合せ

COSMOシリーズ


  構造計算システム(道路構造物) 商品番号 C1-003
  一連ボックスの設計(CULVERT-I)
  価格 \120,000(税抜)

商品概要

 

●プログラム概要

・一連ボックスカルバートの設計に適用できます。
・地盤面から突出したボックスの設計、左右の高低差のある地盤面のボックスの設計ができます。
・地表面勾配が定義できます。
・鉛直土圧係数の直接入力と、ボックス幅と土かぶりの関係により自動決定の選択が可能です。
・配筋計算は「建設省標準設計図集」(昭和61年・平成12年版)の配筋データを読み取り、自動計算処理ができます。(指定配筋計算も可能)
・解析ケース数は最大5ケースまで定義できます。
・内水圧・外水圧が定義でき(各最大3ケース)、また外水圧は地盤面より上にも定義できます。
・任意分布荷重・任意集中荷重(V.H.M)・温度荷重が定義できます。
・直接基礎としての計算および弾性床上の梁としての計算が可能です。
・地盤反力係数は、直接入力・N値より算出・変形係数Eoより算出のいずれかを選択できます。
・支持力による安定照査を行います。
・剛域を考慮(剛域長の直接入力・自動算出)した計算が可能です。
・縦断方向の検討は、ノモグラムより計算と弾性床上の梁としての計算が可能です。
・斜引張鉄筋(せん断補強筋)を考慮した、せん断照査が可能です。
・出力書類はA4サイズで図入りの詳細な報告書形式で、そのまま計算報告書とし御利用いただけます。
・適用例はこちらです。

●適用基準

・応力解析は、変位法に準拠しています。

 

詳細解説

 
1)プログラム概要
ボックスカルバート(一連)に適用でき、地表面から突出したカルバート・左右の高低差のある地盤面のカルバートの設計ができます。また、配筋計算は建設省標準設計図の配筋データを読み取り、自動計算処理ができます。また、指定配筋図も可能です。
 
2)プログラムの機能と特徴
 
■検討項目
・地表面形状(一定勾配・地盤面から突出したカルバート・左右の高低差がある地盤面)
・荷重は内水圧、外水圧、任意荷重(分布荷重・集中荷重V,H,M)、温度荷重が定義できます。
・支持力照査、部材計算(標準図表から読み取り・指定配筋)
■ソフトウェアの特徴
・弊社CADシリーズの「ボックスの自動製図(BOX-AD)」に連動し、計算したデータを元に図面作成が行えます。
・配筋形状は、主鉄筋組み立て図のパターン図を選択して定義します。また、パターン図の登録も可能です。
・出力書類が充実しています。(電卓で追える書式になっています)
3)インターフェースなど
■入力画面(画像をクリックすると拡大表示できます)
■物件データ

・基本データ設定(荷重計算取り扱い・縦方向検討方法・支持力検討・支持条件・標準設計図集適用・・・等)を設定します。
・検討ケース数は最大5ケースで、輪荷重・載荷重・一 様荷重・内水位・外水位・任意荷重の選択ができます。
・地表面形状は、一定勾配・左右の高低差・地表面から突出の3タイプから設定することができます。
・支持力計算は直接基礎・弾性床上の梁モデルから選択でき、安定計算から部材計算までの一連計算ができます。
・鉄筋設定は、主鉄筋組み立てパターン図を選択して定義します。パターン図登録も可能です。
 
■計算結果

 
・最大5ケースの安定計算結果・部材計算結果が確認できます。
・部材計算は応力計算結果を確認しながら鉄筋径を決めることができます。 

 
 
 
 
 
 
■自動製図との連動
  【一連ボックスの設計(CULVERT-Ⅰ】はボックス自動製図(BOX-AD)と連動し、計算結果の配筋データ、形状データをカルバート自動製図に受け渡して配筋図作成ができます。

 

ダウンロード

出力例ダウンロード
※出力例のダウンロードを行っていましたが、諸般の事情により出力例のダウンロードを停止させていただきました。
 
 
最新バージョン情報
当商品のバージョン情報はこちらです
 
正規版ダウンロード
当商品のダウンロードはこちらから行えます
※正規版のダウンロードが行えるのは、サポート契約に御加入されているお客様に限らせて頂きます
 
体験版ダウンロード
※体験版のダウンロードを行っていましたが、諸般の事情により体験版のダウンロードを停止させていただきました。体験版を希望されるお客様は、ここをクリックしてください。
※但し体験版はデータの保存と出力ができない仕組みになっていますので予めご了承ください。
 
 

 

Q&A

 
COSMOシリーズの全般的なQ&Aはこちらを御覧下さい。
 
Q1.コネクタ(プロテクタ)に関する質問
A1 コネクタ(プロテクタ)に関するQ&Aはこちらを御覧下さい