企業情報
システム開発部門Mighty Excelシリーズ>N5-001 【数量】樋門樋管(1・2連)<統合版>
 
サポート契約について 商品購入 体験版申し込み お問合せ

Mighty Excelシリーズ


  数量計算システム(樋門・樋管) 商品番号 N5-001
  【数量】樋門樋管(1・2連)<統合版>
  価格 \50,000(税抜)

商品概要

 

●プログラム概要

・一連・二連の樋門数量計算の全ての種別に適用できます。
・種別数は、門柱・ゲート操作台・函体(最大3径間)・川裏ボックスカルバート端部・継ぎ手・翼壁・胸壁・遮水壁・水叩きの9種類に対応。
・構造図、詳細図(門柱・ゲート操作台・函体・川裏ボックスカルバート端部・継ぎ手・翼壁・胸壁・遮水壁・水叩き)が自動作成できます。
・作成された詳細図は、DXFファイルに出力できます。

●適用基準

・(財)日本建設情報総合センタ-(JACIC)が提供する「工事工種体系」に準拠しています。
・建設省「土木構造物標準設計第3,4巻(樋門・樋管)」に準拠。

 

詳細解説

 
1)プログラム概要
樋門・樋管(門柱部~水叩き部)の各形状などを入力し、数量計算書(内訳書含む)及び根拠図を作成します。数量計算書及び内訳書の細別は、(財)日本建設情報総合センタ-(JACIC)が提供する「工事工種体系」に準拠しています。
 
2)プログラムの機能と特徴
■計算書
・計算書は、各躯体形状などを入力すれば簡単に作成できます。
・樋門、樋管の集計表を作成することもできます。
・計算書は書式スタイルにより、表示桁数・丸め方法などの設定が可能です。
・当商品にある「数式作成ツール」を使用すれば、作成された計算書の編集(計算式の編集など)が楽に行えます。
■根拠図
・入力された各データにより、根拠図(全体図、各種一般図)を作成できます。
・完成された根拠図は、計算書などに挿入してお使いになれます。
・根拠図はDXF形式に出力できるので、CADデータとして使用することも可能です。
 
3)インターフェースなど
 ■入力画面(画像をクリックすると拡大表示できます)
・メイン画面

・種別数は、門柱・ゲート操作台・函体(最大3径間)・川裏ボックスカルバート端部・継ぎ手・翼壁・胸壁・遮水壁・水叩きの9種類に対応しています。
・上記の種別のうち、数量算出に必要な箇所を選択できます。
・一連、二連に対応しています。
 
 
 
 
・水叩き、カルバート端部、ボックス、門柱部、遮水壁、継ぎ手、管理橋橋台、鉄筋重量
・各躯体ごと、必要なパラメータ値を右図を参照に入力していきます。
 
 
 
 
 
 
・出力設定

・各種別ごとに計算書と一般図の出力有無を選択できます。
・集計表を算出することができます。
・樋門、樋管の全体図を出力する事ができます。
・入力したデータは保存する事ができ、編集時の手間を軽減させる事ができます。
 
 
 
・算出オプション

・施工順序(川表から・川裏から)の選択ができます。
・支保の種類(パイプサポート・枠組)を選択できます。
 
 
 
 
 
 ■DXF出力(画像をクリックすると拡大表示できます)
・メイン画面

・出力可能な根拠図をDXF形式で出力できます。
・DXFバージョンはGX-5(12J対応版)です。
・出力させる縮尺値を変更できます。
・出力させる要素の設定(寸法要素の要素分解出力、レイヤ名の設定、線分の太さ・色など)が行えます。
・設定された環境設定は、ファイルとして保存でき、再利用可能です。
・出力したDXFファイルはCADソフトで利用できます。
 
 ■数式作成ツール(画像をクリックすると拡大表示できます)
・数式作成ツール画面

・数位の変更が簡単にできます。(細別毎の指定が可能)
・算定箇所の記入が、ツール画面内でも可能です。これにより、算定箇所の整理をしながら数量計算書の作成ができます。
・小計1の合計(Σ)が自動計算できます。
・Excelシートに細別等を挿入することにより挿入したデータを読み取り、新たに物件データを作成することができます。
・当商品で作成された根拠図等の図柄を貼り付けることができます。
 
 
 
 

 

ダウンロード

出力例ダウンロード
※出力例のダウンロードを行っていましたが、諸般の事情により出力例のダウンロードを停止させていただきました。
 
 
最新バージョン情報
当商品のバージョン情報はこちらです
 
正規版ダウンロード
当商品のダウンロードはこちらから行えます
※正規版のダウンロードが行えるのは、サポート契約に御加入されているお客様に限らせて頂きます

 

Q&A

 
MightyExcelシリーズの全般的なQ&Aはこちらを御覧下さい。
 
Q1.コネクタ(プロテクタ)に関する質問
A1 コネクタ(プロテクタ)に関するQ&Aはこちらを御覧下さい